泡盛・古酒の通信販売の老舗。泡盛・古酒のショッピングサイトなら泡盛横丁
ようこそ、 ゲスト さん
  • マイページ
  • カートを見る
tel:098-868-5270
  1. HOME
  2. 会社概要

会社概要

会社概要

有限会社 喜屋武商店
〒900-0016
沖縄県那覇市前島3丁目4番16号
電話番号:098-868-5270
FAX番号:098-861-5295

昭和30年3月那覇市前島にて喜屋武商店開業。

店頭での商品購入をご希望のお客さまへ

インターネット掲載の特定の商品をお求めにご来店される場合、在庫切れなどで当日ご用意できない商品もございます。
また、割引やケース売り、ビンテージ商品の販売など、一部インターネットのみで行っているものもございます。
お手数ですが、ご来店前に必ず電話で、在庫数や店頭購入可能かどうかをご確認のうえ、ご来店ください。
※プレゼントなどのサービスはインターネット価格でご購入されたお客様が対象となります。

ごあいさつ

資本金500ドル。
当時はアメリカの統治下にあり、通貨は米ドルでした。
沖縄がまだアメリカだったこの時代から、喜屋武商店は泡盛を扱い、販売していたのです。沖縄で最初の泡盛卸業者です。

開業当初は、港のターミナルや船客待ち合い室の売店に泡盛を卸していました。
沖縄総合事務局の職員の方たちが、度々、泡盛産業(現在の沖縄県酒造協同組合)に行く途中に喜屋武商店に立ち寄り、泡盛の良さを語り、全銘柄を取り揃える事をアドバイスして頂きました。種類の豊富な泡盛。だからミニチュアボトルを考え出しました。
沖縄が美しい観光地として脚光を浴び、泡盛も島の代表的なお土産のひとつとして定着するなか、泡盛産業株式会社(現在の沖縄県酒造協同組合)が喜屋武商店の近くにあった関係で当時の専務理事や職員の方とミニチュアボトル5点セットを共同開発いたしました。酒造メーカー・土地・銘柄によって持ち味が違う泡盛の奥深い魅力を県内外に広めるきっかけになりました。

昔も今も,前向きに走りつづけているのが喜屋武商店です。
代表の喜屋武 善範のライフワークは、泡盛の魅力を広めることと、マラソン。恒例の那覇マラソンには、毎回完走を目指し参加しています。
「自分との闘い」といわれるマラソン競技。一歩一歩、着実に前へ進んでいくその熱意は、喜屋武商店の真面目でひたむきな姿勢にも表れています。

泡盛とともに、一歩一歩。沖縄で最も古くから泡盛を扱ってきた喜屋武商店。
これからも、日本全国、世界中の泡盛ファンのために、適正な価格で本物の味をお届けいたします。

沿革

昭和30年3月
那覇市前島3-4-10において資本金500ドルで喜屋武商店を開業。
代表者:喜屋武 徳清
昭和35年5月
泊港ターミナル内に店鋪開設
昭和43年5月
泊北岸船客待合所内に店鋪開設
昭和57年12月末
年商6億円(個人経営最終年)
昭和58年1月
個人経営より資本金1000万円で「有限会社喜屋武商店」として営業開始。
(設立昭和57年10月)社長:喜屋武 徳清
平成4年12月
役員交代により、会長:喜屋武 徳清、社長:喜屋武 善範 就任
平成8年2月14日
卸商業団地共同組合入居(浦添市西洲在)
平成21年9月
決算にて年商23億5000万円
平成23年1月
従業員数31名(男性19名 女性12名)

主要取引先:(株)JALUX、(株)全日空商事、(株)タカダ、ジーマ(株)、ワールド商会、他

ページトップへ